[無料WordPressテーマ] Lightning ビジネスサイトにお薦めのテーマ

WordPressテーマLightning

無料WordPressテーマ Lightning トップイメージ

Lightningは企業サイト向けWordPressテーマ BizVektorの後継テーマにあたります。BizVektorも非常に素晴らしいテーマではありますが、そろそろデザイン的に古さを感じるようになってきた事もあって、今から使うなら私はこちらのLightningをお薦めしています。

WordPress 5.0以降に標準エディタとされた(されてしまったと言うべきか…)Gutenbergにも積極的に対応されているので、ここらであらためてLightningを当サイトお薦めのテーマとして紹介したいと思います。

Lightningの公式サイトとダウンロード

Lightningの公式サイトはこちらになります。

LightningはWordPressの公式テーマディレクトリに登録されているので、WordPressのダッシュボードから簡単にインストール出来ます。

WordPress公式ディレクトリからテーマをインストールする方法はこちらのエントリーで紹介していますのでご参考までにどうぞ。

基本的にはVK ExUnitとセットで

何か特別な理由でも無い限り、LightningにはVK All in One Expansion Unit(以下、VK ExUnitと略)も併せてインストールする事を激しく推奨します。

シンプルな構成のサイトならLightning本体だけでも決して作れない事は無いですが、SEOを強化したりソーシャル関連などの機能はLightning本体には含まれていないので、VK ExUnitもセットで入れておいた方が何かと便利です。特に現在はGutenbergに対応したブロックを利用する為にも必須と言えるでしょう。

VK ExUnitの公式サイトはこちらになります。

VK ExUnitは多機能かつ便利なプラグインで、私もCocoonやLuxeritasのように本体だけで大抵の事は出来ちゃう機能てんこ盛りなテーマを使う時以外は必ずと言っていいほどインストールしているプラグインですが、こちらもWordPressの公式ディレクトリに登録されているのでダッシュボードからインストール可能です。

Lightningをインストールした場合はVK ExUnitのインストールを促されるので指示に従う事でインストール出来ますが、個別にインストールする場合はテーマとほぼ同様の手順でインストールする事になります。

プラグインのインストール方法についてこちらのエントリーで紹介しています。

尚、不要な機能は個別に無効化する事が可能なので、Lightning以外のテーマで利用する場合でもテーマが独自に持っている機能とのバッティングを回避出来ます。

Lightningの主な特徴

Lightningの、と言うより実はVK ExUnitの機能だったりする部分もありますが、元々セットで運用する事を考慮した上での設計になっているはずなので、とりあえずここではそういうものだと思っていただけると幸いです。

注意事項

まず最初に一点だけ、Lightningを利用する際の注意事項から。

Lightning(テーマ)× ExUnit(プラグイン)の短所

古いブラウザは完全に無視しているので、クライアントワークで使用したりして後から「IE8対応で」と要求されたら詰みます。

参考LightningとBizVektorはどう使い分ければ良いのか? | 株式会社ベクトル

BizVektorは事実上アップデート終了との事なので、どうしてもIE8以前のブラウザにも対応させたい場合はそれを承知の上でBizVektorを使うか、IE8に対応しているテーマを選択する必要がありそうです。

参考【重要】今後のBizVektorとアップデートのお願い

正直このご時世にまだそんな要望があるとも思えませんが念の為という事で。

カスタマイザーから出来る事

Lightningのカスタマイズ画面からは以下の設定が出来ます。

  • デザインスキン変更(デフォルト以外のデザインスキンは有料)
  • ヘッダーロゴ画像変更
  • サイト全体で使用するキーカラーの設定
  • トップページを1カラムにする
  • トップページの投稿リストや固定ページを非表示にする
  • 投稿者名を非表示にする
  • サイドバーの子ページリストを非表示にする
  • サイドバーを固定(追従)させない
  • サイドバーの位置を左右から選択変更

上記以外にもVK ExUnitの設定から出来る事があるので、そちらも忘れないようにチェックする必要があります。

設定が一つの画面で一括管理出来ないので混乱しそうですが、VK ExUnitはあくまでもプラグインであってLightning以外のテーマでも利用出来る事を考えると、そこは仕方の無い事だと割り切るしか無いでしょう。それにVK ExUnitの設定は最初に済ませてしまえば後から頻繁に変更するような事もそれほどありませんのでね?

ウィジェットエリアは必要十分

最近は多機能な国産テーマが多いのでそれと比べてしまうと少なく感じてしまうかもしれませんが、これだけあれば十分だと言っていいでしょう。

無料WordPressテーマ Lightning ウィジェット

広告の表示

広告に関してはVK EeUnitの「広告の挿入」機能を利用します。AdSenseの自動広告は運営者ID(pub-xxxxのxxxxの部分)をコピペするだけで導入出来るようになりました。投稿・固定ページには「記事の最初」「moreタグ」「記事の最後」の3箇所に広告コードを貼り付けてダブルレクタングルの広告を表示させる事が可能です。

無料WordPressテーマ Lightning 広告の設定

LuxeritasやCocoonのように「最初のH2見出し前」とかは自分でカスタマイズしないと出来ませんが…

Gutenberg対応のオリジナルブロック

中には有料版のLightning Proでしか利用出来ないブロックもありますが、画像・見出し・本文・URLなど必要な項目を埋めるだけで、いかにもそれっぽい感じのブロックが簡単に作成出来ます。

無料WordPressテーマ Lightning PR Content ブロック

こういうのに慣れちゃうともう自分でタグとCSS書いて~っての面倒だしやめようかなとか思いますよね…いやマジで。

AMP対応について

これだけはいくら調べてもわかりませんでしたが、LightningをAMP対応させようとするとWordPress公式プラグインのAMPを使うしか無いんでしょうかね?

有料版のLightning Proならいけるのかもしれませんが、その辺りは公式サイトを熟読していただきたいという事でひとつご容赦を。とりあえず私がLightningを利用する場合はAMP対応無しの方向で運用する事にしています。

ビジネスサイトはぜひLightningで

「国産の無料WordPressテーマで」という前提になりますが、ごく一般的なビジネスサイトを作成するならこのLightningが私の最もお薦めするテーマになります。

大規模な企業サイトならやはりプロに依頼するか、有料テーマのLightning ProやEmanon Buisinessなども比較検討してみるべきかと思いますが、中小企業や個人商店のサイトなら満足出来るレベルのものが作れるはずです。

プロモーション用サイトを作ってみました

余談になりますが、当エントリーで紹介した無料WordPressテーマ「Lightning」を使って、レンタルサーバー「ColorfulBox(カラフルボックス)」の簡単なアピールサイトを作ってみました。

設定内容やカスタマイズ箇所などについては後日あらためてエントリーを書く予定ですが、取り急ぎリンクだけ貼らせていただきたいと思います。

サイトのロゴ画像が作ってなかったりまだ完全には仕上がってない部分もあったりしますが、Lightningならこんな感じのサイトが手軽に作れますよという感じだけでも伝われば幸いです。