[WordPressプラグイン] リダイレクトは.htaccessの編集不要で設定が簡単なSimple 301 Redirectsが便利

WordPressサイトの引っ越しやパーマリンクの修正に伴うアドレス変更などで、URLをリダイレクトしたいという事はサイトを運営していれば少なからず出て来るのではないかと思います。

そこで当エントリーでは.htaccessを編集しなくても簡単にリダイレクト設定が出来る、WordPressプラグインSimple 301 Redirectsを利用した方法を紹介します。

Simple 301 Redirectsのインストール

プラグインの新規追加画面からSimple 301 Redirectsで検索してインストール&有効化します。プラグイン本体に関する設定は無いので有効化した後は即利用可能です。

尚、プラグインのインストール及び有効化の手順についてよくわからないという方は、こちらのエントリーを参照していただけると幸いです。

何より設定が簡単なのがいい

Simple 301 Redirectsより多機能なRedirectionというプラグインもあって始めはそっちにしようかな?とも思いましたが、設定項目がそれなりに多くパッと見た感じ難しそうに思えたんですよね。

対してこちらのSimple 301 Redirectsは、リダイレクトの設定に必要な項目がリダイレクト元とリダイレクト先のURLのみという超シンプルさ。結果的に同じ事が出来るならこちらで十分だろうと迷わず即決しました。

Simple 301 Redirectsの設定

それではリダイレクトの設定方法です。

リダイレクトの設定手順

ダッシュボードから設定 > 301 Redirectsをクリック。

リダイレクト設定手順 ダッシュボード > 設定 > 301 Redirects

Requestがリダイレクト元で、Destinationがリダイレクト先になります。

リダイレクト設定手順 リダイレクト元と先のURLを入力

内部リンクの場合はドメインを抜いて記述しますが、必ず”/”から始めないと正しくリダイレクトされないので注意して下さいね?自慢じゃないですが私はやらかしました…尚、最後は”/”で閉じてなくても大丈夫なようです。

リダイレクト先が同一のサイト内の場合

Request
/hogehoge/
Destination
/honyarara/

リダイレクト先が別のサイトの場合

Request
/hogehoge/
Destination
https://honyarara.com/honyarara/

URLはコピペ推奨

URLは一文字でも入力ミスがあるとリダイレクトされなくなってしまうので、手打ちよりもコピペした方が確実です。RequestとDestinationを入力したら変更を保存をクリックで設定は完了です。

リダイレクトの確認とその後

念の為、リダイレクト設定をした記事にブラウザからアクセスして、正しくリダイレクトされる事を確認しておきましょう。リダイレクトされずそのまま記事が表示された場合は、もう一度RequestとDestinationを一字一句間違いが無いか確認して修正します。

確認が済んだ後はその記事が不要ならごみ箱に入れるなり、下書きの状態に戻しておくなりしておいた方がいいかもしれません。

リダイレクト設定した事でインデックスからは消える事になると思いますけど、一応。ただし、すぐには消えないので焦らずひたすら待ちましょう。出来るだけ早く削除したい場合はリクエストも出来ますが、それはまた別の機会にという事で。

ワイルドカードの使用は十分に注意を

私の場合は個別に対応する必要があるのでワイルドカードは使用していませんが、ちまちま一つづつ設定とかやってられない時には便利な機能です。その代りと言っては何ですが、設定をちょっとでも間違えるとリダイレクトしなくていい記事まで想定外のページに飛ばされる事になる両刃の剣、素人にはお薦め出来ない。という事でご注意を。

私が使用していない機能ゆえ、ワイルドカードの意味的にこうなるはずという推測で書いている部分がありますので、その点はご容赦下さい。利用する際にはこれでもかってくらいみっちりテストして下さいね?

ワイルドカードの使用例

Simple 301 Redirects 設定画面のドキュメントにあるサンプルを例にしてみます。

ワイルドカードの例1

同一カテゴリー内の記事を1つにまとめる場合に使うんでしょうか。

Request
/old-folder/*
Destination
/redirect-everything-here/

この場合はold-folder以下を全てredirect-everything-hereにリダイレクトします。

https://honyarara.com/old-folder/hogehoge/
https://honyarara.com/old-folder/damedame/
https://honyarara.com/old-folder/moemoe/
https://honyarara.com/redirect-everything-here/

こんな感じでしょうか。

ワイルドカードの例2

各記事はそのままでカテゴリーや階層を変更した場合に使用するのかなと。

Request
/old-folder/*
Destination
/some/other/folder/*

この場合はold-folder以下を、some/other/folderに置き換えてリダイレクトする感じでしょうか。

https://honyarara.com/old-folder/hogehoge/
https://honyarara.com/old-folder/damedame/
https://honyarara.com/old-folder/moemoe/
https://honyarara.com/some/other/folder/hogehoge/
https://honyarara.com/some/other/folder/damedame/
https://honyarara.com/some/other/folder/moemoe/

ワイルドカードを使用する場合

Use Wildcards?にチェックを入れてから、変更を保存をクリックで設定完了です。

リダイレクト設定手順 ワイルドカードを使用する場合

Simple 301 Redirectsの注意点

リダイレクトとか面倒そうだし、いっそ前のサイトは無かった事にするか…でもそこそこアクセスのある記事が勿体無いしな…と、もやもやさせられていた新サイトへの移行ですが、Simple 301 Redirectsのおかげで驚くほど簡単にズバっと解決しました。いや、実際はまだその最中だったりするわけですけどね?

ただ、1点だけ気になるのがこのプラグインの最終更新が1年以上前だという事です。

私の場合は当サイトの前身にあたるサイトからまるっと引っ越すわけではなく、過去の記事を加筆修正・統廃合しながら移行して最終的に元サイトは削除する予定なので、このプラグインを利用し続けるつもりはない事もあってその点は気にしていませんでした。

なので、もしこのプラグインを使ってみたいと思われた場合は、その点も考慮に入れて利用していただければと思います。

スポンサーリンク