[無料WordPressテーマ] Luxeritas 3.0から不要になるプラグインなど

無料WordPressテーマ Luxeritas イメージ

待ちに待ってた待望のLuxeritas 3.0が先日リリースされましたが、新たに追加された仕様によって自分でカスタマイズしていた機能と重複する部分が出て来た事や、子テーマも更新されているのでついでに差し替える方向で見直した方がよさそうという理由で、いまだにバージョンアップ出来ていない状態だったりします。

そこで、ひとまず当エントリーでは今回のLuxeritasの機能追加によって不要になるプラグインを考えてみる事にしました。

Luxeritasの機能追加で不要になるプラグイン

自分でカスタマイズしたかプラグインを利用していた機能がテーマに標準で実装されれば、当然テーマとプラグインどちらの機能を利用するか選択する必要があります。

今後テーマを変更する可能性がある場合は、テーマに全て依存してしまうとテーマを変更する際に移行が大変なので、あえてプラグインに任せるという選択肢もありますが、当サイトではテーマをLuxeritasから変更する気は無いのでプラグインを削除する事になります。

Syntax Highlighter系

有名なところではCrayon Syntax Highlighterなどがありますね。ソースコードをこんな感じにカッコ良く表示してくれるプラグインです。

いわゆるシンタックスハイライター
.post h2 {
	padding: 10px 20px;
}
上のサンプルは自前で追加したPrism.jsで表示したものです、念の為。

この機能はショートコードで呼び出す形になっていて、ショートコードの設定画面から使用したい言語にチェックを入れて有効化する事で利用可能となります。

Luxeritas 3 シンタックスハイライター 設定画面

問題はハイライト行をどうするかなんですが…これはちょっとショートコードをイジる必要がありそうなんで、また別の機会にという事でひとつ。

尚、この機能追加により以前こちらで紹介した記事が不要に…

それでもjsを追加する時に応用出来るかな?とも思いますので、エントリーはあえてそのまま残しておく事にしようと思います。

AddQuicktag系

定型文やショートコードを登録出来る機能が実装されたので、AddQuicktagは不要になります。もちろん自分で登録したコードを移行する必要はありますけど。

Luxeritas 3 クイックタグ 設定画面

ちなみに当サイトで使用しているボックスなどのスタイルやクイックタグは、Simplicityのテンプレートを移植したものをベースにカスタマイズしているのでAddQuicktagは利用していませんが、何れにしても今後はLuxeritasの機能を利用する形で置き換えようと思っています。

Simplicityからのスタイル移植に関してはこちらの記事が参考になれば幸いです。

Regenerate Thumbnails系

他のテーマからLuxeritasにテーマを変更したり、メディア設定から各画像のサイズを変更した場合などに、使用していないサイズのサムネイルを削除しつつ再作成出来る機能が実装されました。これで当サイトでも利用しているForce Regenerate Thumbnailsが不要になります。

Luxeritas 3 サムネイル一括再作成 設定画面

Speech Bubble系

私はまだ使った事がありませんが、いわゆる吹き出し表示というやつですね。これまでプラグインを利用して吹き出し表示をしていた方は、Luxeritasの機能を利用する形に移行が可能であればプラグインは削除する事が出来そうです。

Luxeritas 3 定型文 吹き出し 設定画面

この吹き出し表示は定型文とショートコードのどちらでも好きな方で利用出来るみたいです。なんだかんだで巷では結構流行ってるようなので私もひそかに導入してみようかなーとはちょっとだけ思ってますが、巧く使いこなせそうな気がまったくしないのでどうしたものかと。

Widget Logic系

ウィジェット毎に表示条件を設定出来るプラグインで当サイトでも利用していますが、これも使い方次第ではプラグインを削除出来そうな感じです。例えばヘッダー下のウィジェットはトップページだけ表示してそれ以外では表示しない、というようなシンプルな使い方であればLuxeritasの機能で制御可能なように思います。

Luxeritas 3 ウィジェット管理画面

ウィジェット単位で更に細かく設定したい場合はさすがにプラグインが必要かもしれませんが、カスタムHTMLウィジェットの代わりにLuxeritasのアドセンスウィジェットを利用する事で何とか出来なくもなさそうです。

Luxeritas 3.0以前から不要だったプラグイン

ちなみにLuxeritas 3.0以前から不要だったプラグインには以下のようなものがあります。

  • All In One SEO Pack系
  • Table of Contents Plus系
  • Insert Headers and Footers系
  • WEB表示高速化(キャッシュ・圧縮系)
  • ブログカード系

あらためてこうして見ると、確かに他のテーマに比べてプラグインは減ったように思います。

プラグインは少ない方がいい

WordPressにインストールするプラグインは少ないのに越した事はありませんが、わかっていてもなんだかんだで入れちゃってるんですよね、自分で色々カスタマイズ出来ればもっとギリギリまで減らす事は出来るんでしょうけど。

そんなわけで、今回のLuxeritasの機能追加は私としても非常にありがたいです。テーマ本体に機能が組み込まれたおかげで更に使い勝手がよくなるのは間違い無いでしょう。当サイトでも出来るだけ早くバージョンアップして、定型文やショートコードのサンプルなど紹介出来たらと思っています。