[アフィリエイト] サイトURL変更時に再審査が必要なASPと登録情報の修正だけで済むASP

無料ブログサービスから独自ドメインの新サイトへ移転したり、新しいドメインを取得したのでドメインを変えてみたなどの理由でサイトのURLが変更になると、登録しているアフィリエイトASPによっては新しいURLでの再審査が必要な場合があります。

そこで、私が登録しているアフィリエイトASPのみですが、サイトURLの変更に伴う再審査の要否と登録情報の修正手順について調べてみました。

当エントリーは私が過去に公開していたサイトのリライト記事になります。
サイトのURLを変更するとアフィリエイトASPによっては再審査が必要になる?

尚、リライトにあたって管理画面のレイアウトやボタンの配置などが変わっていたASPはスクリーンショットを差し替えましたが、特に影響が無いと判断した部分に関しては現在表示されていない項目が写っていたり文言が微妙に違う場合もありますので、その点はどうかご容赦いただきたい。

手順を守らないと規約違反の恐れあり

アカウントや登録サイトの情報に何らかの変更があった場合、速やかにその内容を更新しておかないと売上が発生しても成果を承認してもらえなかったり、最悪の場合は規約違反(その前にメールで注意はしてくれると思いますが)としてペナルティを受ける可能性があります。

ポイントは再審査が必要か否か

登録情報の修正が必要なのはどのアフィリエイトASPでも同じだと思いますんで、今回は「サイトの再審査が必要か否か」に焦点を当てて、各アフィリエイトASPのFAQ(よくある質問)と管理画面をひと通り確認した結果を「登録情報の修正のみで済むASP」と「新しいURLで再審査が必要なASP」の二つに分けてみました。

尚、登録情報の修正に関しては基本的にサイト名やURLの変更だけですし、一度は登録作業を行っているはずなのであまり詳細には説明していません。

登録情報の修正のみで済むASP

既に承認済みのサイトなので登録情報の変更だけでOKですよというパターンです。それ以外に余分な作業が発生しないのでユーザー的にはとてもありがたいです。

Google AdSense

一度審査を通過してしまえば、Googleポリシーと規約に違反しないという条件でサイトを自由に追加・変更する事が出来ます。

新しいサイトに広告コードを配置する場合、新たにアカウントを開設したり Google に連絡したりする必要はありません。アカウントが承認されている場合は、AdSense コードを新しいページに配置すると、アカウントに新しいサイトが自動的に関連付けられます。

新しいサイトに広告コードを配置する – AdSense ヘルプ より引用

AdSenseの場合、規約上サイトの登録が必須というわけではありませんが、自分のサイト以外からのクリック(俗に言うアドセンス狩り)を防ぐ為に登録しておいた方が無難です。

ただし、サイトの認証機能を利用する場合、認証したサイト以外からは収益が発生しなくなるので登録漏れが無いよう注意が必要です。

登録情報の修正

メニューから 設定 > 自分のサイト を開いたら、画面右上の青い背景の丸い+ボタンをクリックしてサイトのURLを追加します。その後、サイト情報の右側のボタンをクリックしてメニューを表示します。

AdSense サイト情報の追加

ここでサイトの確認と認証をします。

サイト情報の確認と認証

AdSenseの広告を掲載しているサイトは全て登録し、認証しておきましょう。

楽天アフィリエイト

楽天アフィリエイトの場合はそもそもサイトの審査がありません。だからと言ってどんなサイトでもOKというわけでは無いと思いますけど。

サイトのURL変更に関してはヘルプにそれらしい記述は見当たりませんが、無審査でサイトが新規登録出来る事を考えれば登録情報の修正だけで問題無いように思います。以前は登録サイトが5つを超える場合は利用頻度の高い方から5サイトを入力しておくという事でしたが、現在ではその制限は無くなったようなので全て登録しておいた方がいいでしょう。

登録サイト数の上限は不明ですが、8つまでは確認しています。

登録情報の修正

画面を下にスクロールしていくとサイドバーに表示される サイト情報の登録 をクリックします。

楽天 サイト情報の登録・確認

URLを変更する場合は変更したいサイト情報の右側にある 編集 ボタンをクリック、新規に追加したい場合は上の 追加登録 ボタンをクリックしてサイトの情報を入力します。

楽天 サイト情報の追加登録と変更

A8,net

A8.netもサイトの登録に関しては無審査のASPです。こちらでは知りたかった内容ほぼそのままのFAQがありました。

Q:独自ドメインを取得したのでサイトを引っ越したい
A:登録サイトのURLのみ変更したい場合は、ご自身で登録サイト情報のURLを変更していただければ、手続きは完了です。広告素材の貼り直しなどは必要ありません。

アフィリエイトのA8.net:サポートページ | 独自ドメインを取得したのでサイトを引っ越したい より引用

登録情報の修正

管理画面右上の 登録情報 > サイト情報の登録・修正 をクリックします。

A8 サイト情報の登録・修正

IDとパスの再認証があるので、正しく入力して 次へ進む をクリックします。

A8 IDとパスの再認証

サイトの登録・修正・削除画面になるので、URLを変更したいサイト情報の右側にある 修正 をクリックして内容を編集します。

A8 サイトの登録・修正・削除画面

スポンサーリンク

バリューコマース

何となく厳しいイメージのあるバリューコマースですが、サイトのURL変更に関しては登録情報の修正だけでOKなようです。こちらも近い内容のFAQを参考にしました。

Q:サイト名やURLを変更するにはどうすればよいですか?
A:[サイト情報について] を参照し、情報を変更してください。

サイト名やURLを変更するにはどうすればよいですか? | 管理画面ヘルプ | バリューコマース アフィリエイト より引用

以前なぜか再審査が必要だと勘違いしてサイトを引っ越した時に追加申請していた事が何回かありました…やはりヘルプはしっかり読むべきですね?

注意点としては

異なる内容(コンテンツ)のサイトに変更することはできません。

という事なので、該当する場合は追加申請が必要になります。

登録情報の修正

管理画面右上のプルダウンメニューからURLを変更したいサイトを選択します。この時にメニューの一番下にある「サイトの追加」を選ぶと新規サイトの追加になります。

バリューコマース 変更したいサイトを選択

管理画面上部の 設定 > サイト情報 をクリックします。

バリューコマース サイト情報

サイトの登録情報が表示されたら 編集する をクリックして情報を修正します。

バリューコマース サイト登録情報 編集

スポンサーリンク

リンクシェア

こちらも比較的厳しめなイメージがあるリンクシェアですが、サイトのURL変更に関してはバリューコマースとほぼ同様でした。

Q:サイトアカウントの登録情報を変更する方法は?
A:アフィリエイトサイトの登録情報は、管理画面の[サイトアカウント]に集約されています。こちらでは以下の項目について変更ができます。

リンクシェア お問い合わせ FAQ より引用

回答には変更の手順が書いてあるだけだったので、URLの変更に関しては登録情報の修正だけでOKなようですが

URLの変更だけなく、コンテンツが大きく異なる場合は、新しいサイトアカウントを追加し、新規登録と同様に審査を受けてください。参加規約をお守りいただき、ご登録いただけますようお願いいたします。

とありますので、こちらも場合によっては追加申請が必要です。

登録情報の修正

管理画面から マイアカウント > サイトアカウント を開きます。

リンクシェア サイトアカウント

URL変更の場合は編集したいサイトアカウントの右側にある 編集 ボタンをクリック、追加申請の場合は 新規サイトアカウント ボタンをクリックして情報を入力します。

リンクシェア サイトアカウント 新規追加と編集

スポンサーリンク

もしもアフィリエイト

良い意味でゆるいイメージのもしもアフィリエイトなので多分そうだろうとは思いましたが、やはりサイトのURL変更に関しては登録情報の修正だけでOKなようです。

Q:登録したサイトのタイトルやURLを変更しました。必要な手続きはありますか。
A:サイト一覧にてタイトルやURLを変更することができます。

もしもヘルプ – もしもアフィリエイト より引用

リンク先の閲覧にはログインが必要です。

そして更に

各プロモーションへの再申請やソースの貼り替えなどは必要ございません。

登録情報の修正だけで済む場合はどのアフィリエイトASPでもそうだと思いますが、このように明記してくれると安心出来ます。

尚、詳細は後述しますがAmazonアソシエイトは登録サイトのURL変更の際に再審査が必要になるので、もしも経由にしておくとこの点は楽になるかもしれません。

登録情報の修正

管理画面から サイトを管理する > サイト一覧を見る をクリックします。

もしもアフィリエイト サイト一覧を見る

URLを変更したいサイト情報の右側にある 操作 の列から 編集 ボタンをクリックします。

もしもアフィリエイト サイトURL変更

スポンサーリンク

iTunes アフィリエイトプログラム

iTunesやiPhoneのアプリが取り扱えるようになるiTunesアフィリエイトですが…ぐぬぬ、それらしいヘルプが見当たりません。肝心なページはほとんどが英語のままで相変わらずローカライズが進んでいない状況のようです。この辺はちょっと、と言うかかなり不親切だと思うんですがどうなんでしょうね?

とりあえず、サイトのURL変更に関しては登録情報を修正するだけでよさげな感じです。

登録情報の修正

管理画面から設定 > パブリッシャーをクリックします。

iTunes 設定 パブリッシャー

ウェブサイト/データベース > ウェブサイト の右側にある クリックして編集 をクリックします。

iTunes ウェブサイト情報 編集

ウェブサイトのプルダウンメニューをクリックすると登録済みのサイトが一覧表示されるので、URLを変更したいサイトを選択して内容を編集、新規に追加申請する場合は 追加 を選択してサイトの情報を入力します。

iTunes ウェブサイト情報 編集

新規に追加した場合は審査があったような無かったような…ちょっとその辺は曖昧で申し訳ないですが、また何かのついでにでも調べておきたいと思います。

編集が終わったら忘れずに適用するをクリックしましょう、これ結構忘れがちなので。

iTunes ウェブサイト情報 編集後は適用する事を忘れずに

新しいURLで再審査が必要なASP

こちらは場合によって少し厄介と言いますか、サイトのURL変更前に貼っていた広告をそのままの状態で良いのか悪いのか正直よくわかっていません。そのままにしていても再審査がすんなり通れば問題無いという記事を見た事はありますが、万が一再審査に引っかかった場合は掲載済みの広告を全て剥がせという通達もあるとか…

Amazonアソシエイト

「URLは変わっても中身は一緒だから!」というのは通用しないので、新規サイトとして追加申請する事になります。

これだ!というヘルプが見つからなかったのでこの辺りを色々と開いて参考にしてみました。

参考 アソシエイト・セントラル – ヘルプ | アカウント情報の更新

ちなみにURLの新規追加と削除はこの画面から出来ます。

Amazon ウェブサイトとモバイルアプリの変更

…が、勝手にやっちゃダメなんですよねコレ。知らなきゃ普通やっちゃうと思いますけど。

流れとしてはまずカスタマーサービスにサイトの追加申請をして、承認された後にこのアカウント管理画面からサイトのURLを追加するという仕組みになっています。この辺りの手順は本当にわかりにくいのでヘルプを整備するべきではないかと思いますがどうでしょう?

また、ユーザーインターフェースが新しくなってから(つまり現在の画面)は確認していませんが、以前は10サイトまで登録可能なのに表示は5サイトまでという謎仕様だった為、6つめ以降が既に登録済みなのか空いてるのかすらわからなくなった事がありました。これは今でも変わってなかったりするんでしょうかね…

とは言うものの、Amazonのカスタマーサービスは対応も早くて親切でしたので、何か困った事があれば自分でアレコレ考えるよりもサクっと問い合わせフォームから相談してみる事をオススメします。

サイトの追加申請

まずはカスタマーサービスにサイトの追加申請をします。カスタマーサービスへのお問い合わせ ページの中央にある「ここを クリック してください」の部分をクリックすると問い合わせフォームが開きます。

Amazon カスタマーサービスへのお問い合わせ

適当ですがこんな感じでよろしいんじゃないかと思います。メールアドレスとアソシエイトIDは、Amazonアソシエイトにログインした状態でこのフォームを開くと自動的にセットされます。

Amazon カスタマーサービス 問い合わせフォーム

送信したらあとはおとなしく連絡を待ちましょう、さすがに何日も待たされるような事は私の経験上無かったように思います。

ここからは申請したURLのサイトが承認された前提で話を進めます。

先ほどの ウェブサイトとモバイルアプリの変更 画面を開きます。管理画面上部のメールアドレスの部分 > アカウントの管理 をクリックします。

Amazon アカウントの管理

ウェブサイトとモバイルアプリの変更 をクリックします。

Amazon ウェブサイトとモバイルアプリの変更

カスタマーサービスの方でここにサイトのURLを登録しておいてくれた場合は以下の作業は必要ありません。この中に追加申請したサイトのURLが無ければ ウェブサイト情報の入力 からサイトのURLを追加します。

Amazon ウェブサイトとモバイルアプリの変更

正直な話、サイトを移転すると一番面倒なのがこのAmazonですね。なので私も Amazon に関してはもしもアフィリエイト経由にしようかなと最近思い始めたところです。

afb(アフィリエイトB)

気が付けばアフィリエイトBから「afb」に名称変更していたアフィbですが、こちらもそのものズバリなFAQがあったので参考にしました。

Q:サイトのURL変更したのですが、どうすればよいでしょうか?
A:管理画面の「サイト情報」より既にご登録いただいたサイトの情報を変更することが出来ます。サイトURLが変更となった場合は再度afbの審査がありますのでご了承ください。

パートナーFAQ 回答 | afb より引用

という事で再審査が必要です。むーん、アフィbにしては易しくないような…まぁ審査自体はそれほど厳しく無いと言えばそうかもしれませんが。

登録情報の修正

管理画面から 登録情報管理 > サイト情報 を開きます。

afb 登録情報管理

URLを変更したいサイト情報にある サイトURL変更 ボタンをクリックします。

afbサイトURL変更

スポンサーリンク

アクセストレード

老舗アフィリエイトASPのアクセストレードです。こちらもそのものズバリなFAQがありましたが、残念ながら問答無用で再審査となるようです。

Q:登録サイトのURLを変更したい場合は?
A:登録サイトのURLに変更がある場合は、副サイト追加でサイト登録を行ってください。

登録後:登録サイトのURLを変更したい場合は?|よくある質問|アフィリエイトのアクセストレード より引用

サイトの追加申請

マイページを開いて 副サイト追加申請 をクリックします。

アクセストレード 副サイト追加申請

スポンサーリンク

GAMEFEAT

主にスマホ用ゲームアプリを取り扱うアフィリエイトASPなので、あまり需要の無い情報かもしれませんが一応ご参考までにという事で。FAQを見る限りではそれっぽい内容は見当たりませんでしたが、メディアの編集画面にズバッとこう書いてありました。

※URLを変更された場合は、再度メディア審査を行わせて頂きます。
ご登録頂きましたメディアのコンテンツ等を拝見させて頂き、「非承認」とさせて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。

メディア管理画面 – GAMEFEAT web(ゲームフィートウェブ) より引用

管理画面に記載されているのでリンクは貼っていません。

GAMEFEAT メディア編集画面

oh…さすが運営がレントラックスになったというだけあって厳しいですね。マジメに記事を書いて更新しているサイトなら恐らく問題無いかと思いますが、しばらく更新が停滞気味だった私のサイトで申請して容赦無くハネられた事がありますんで、記事数・更新頻度共にそれなりのサイトで審査してもらった方がよろしいでしょう。

登録情報の修正

管理画面からメディアを開きます。画像をつけた割に非常に見辛くてアレですが、GAMEFEATロゴのすぐ右にあります。

GAMEFEAT メディア画面

URLを変更したい場合はサイト情報の右側にある 編集 ボタンをクリック、追加申請の場合は 新規追加 ボタンをクリックします。

GAMEFEAT サイトURL変更

今回の情報まとめ

今回紹介したアフィリエイトASPは全て私が登録しているところですが、アフィリエイトに本腰入れてるわけでも無いのになんだかんだでこんなに登録してたんですねぇ…どんな広告があるのか実際に登録してログインしてみない事にはわからないので仕方が無いんですけど。

とりあえず、今回のエントリーをまとめますと

サイトURL変更時に再審査不要

サイトURL変更時に再審査が必要

と、このような結果になりました。

サイトのURLを変更すると色々と面倒

私が実際そうでしたが、まずは無料サービスから始めて、ある程度ノウハウを積んだところで独自ドメインに乗り換えようと思っている方は、サイトのURL変更時に再審査の無いアフィリエイトASPを選択しておくと後々楽かなと思います。

ただし、アフィリエイトASPの規約が変更になる可能性はあります。

サイトのURL変更で再審査が必要なASPに関しては、サイトを移転させる前に様子見として10記事ほどで追加申請して先に審査を通してから移転した方が良いかもしれません、私はそうする予定でいます。

何れにしてもサイトのURLを変更するとアフィリエイト関連以外でも、アクセス解析・サーチコンソール・ブログランキング・SNSのプロフィールなどに設定しているURLは漏れなく修正しなければならないので、やはり滅多な事ではサイトのURLを変更するものでは無いとあらためて思った次第です。

普通に考えたらサイトのURLなんてそうコロコロと変更するようなものでもありませんが、そんなわけで皆さんもサイト運営は計画的にどうぞ。