メールやLINEで送れて収入印紙不要の電子領収書が便利すぎる件

領収書を電子文書で作成してメールとかLINEで簡単に済ませられないの?という事で、当エントリーではブラウザ上で簡単にPDF形式の領収書が作成出来る無料サービス「イーレシート」を紹介させていただきたいと思います。

サービス自体は何年も前からあるので今更感漂う情報かもしれませんが、領収書を発行するというシチュエーションがこれまでに無かったんですよね…

領収書自体はPCさえあればWordやExcel用の無料テンプレートがあるので、市販の領収書を買ってきて手書きで作成する必要はありませんが、それを印刷して捺印後に封筒に入れて送付するという一見当たり前の作業を面倒だと思ってしまう私のような方にぜひ試していただければと思います。

電子文書で領収書を作成するメリット

領収書の作成に入る前に、まず電子領収書を利用するメリットを挙げてみます。

収入印紙が不要

5万円以上の領収書には収入印紙が必要だというのはご存知の方もみえるかと思いますが、電子文書の領収書では金額の大小に関わらず収入印紙が不要なんですね。なので印刷や送付の手間が省けるだけで無く、必要経費も抑える事が出来るというわけです。

ここで節約出来る必要費用は収入印紙代(5万円以上の場合)、微々たるものですがインク・用紙代(PCで作成した場合)、封筒・切手代などでしょうか。

メールやLINEで送れます

企業のように郵便局の方が回収に来てくれる場合は話が別ですが、一般的には自分で領収書を先方に送付する必要があります。

  • 領収書を作成
  • 手書きでない場合は印刷
  • 捺印(必須では無いようですが)
  • 封筒に入れて宛名を書く
  • 最寄りのポスト、または郵便局へ

私にとってはこれが激しく面倒くさいので、メールやLINEなどで簡単に送れてしまうというのはそれだけでも有り難い話です。

無料で利用出来る領収書作成サービス

お待たせしました、ようやく本題です。

フォーマットが固定なのであまり凝った内容には対応出来ませんが、但し書きのみのシンプルな書面で良ければこちらのテンプレートで十分かと思います。明細が必要な場合は別途作成して添付しておけばいいでしょう。

電子領収書の作成手順

必要な項目を入力して利用規約に同意して領収書作成をクリックします。特に必要無い項目は空欄のままでOKです。

領収書PDF 必要項目の入力

ダウンロード期限というのは作成した領収書のダウンロードリンクの有効期限の事で最長1年まで設定出来ますが、自分でダウンロードしてファイルを送付する場合は特に気にしなくていいでしょう。

隣の入力した会社情報を簡易保存(キャッシュ)するですが、私は特に必要無かったのでチェックを外して作成しました。何度も繰り返し利用する場合はここにチェックを入れるか、ユーザー登録(無料です)すると会社情報や印鑑の画像登録も出来て更に便利になるようです。

発行完了の画面が表示されたら領収書PDFをクリックすると、ブラウザの設定にもよりますが別タブでPDFの内容が表示されます。

領収書PDF 発行完了画面

領収書の内容を確認します。

領収書PDF 領収書の内容を確認

OKなら発行完了画面のタブに戻って領収書PDFの上で右クリック > 名前をつけてリンク先を保存で作成した領収書をダウンロード出来ます。

あとはPCに保存した領収書PDFをメールやLINEなどで送付すればOKです。発行完了画面に表示されていたダウンロードURLを先方に伝えて領収書PDFを直接ダウンロードしてもらう事も可能ですが、その場合はダウンロード期限をしっかり確認しておきましょう。

電子領収書って本当に大丈夫?

「本当に収入印紙は必要無いの?」「本当に電子文書の領収書で大丈夫?」という点に関して不安な方もみえるかと思います。私も実際そうだったので念の為に調べてみましたが、少なくともこのエントリーを書いている現時点では問題無いと判断しました。

イーレシートのFAQページにも同様のQAがありますので、合わせて参考にしていただけると幸いです。

参考よくあるご質問│PDF電子領収書(領収証)のイーレシート

何れにしても非常に便利なサービスなので、事務処理にかかる時間や経費を出来るだけ削減したい方にオススメ出来るかと思います。

電子領収書を利用する際の注意点

領収書を渡す相手によっては印刷した書面に捺印を要求される場合もあるようなので、心配であれば事前に確認しておいた方がいいでしょう。もちろん金額が5万円を超える場合は収入印紙が必要になるのでその点はご注意下さい。