[無料WordPressテーマ] CocoonでAdSenseを利用する場合はアドセンス表示方式の設定に注意しよう

WordPressテーマ Cocoon イメージ

Cocoonではウィジェットを一切使わずにカスタマイザーからサイト全体の広告表示を設定出来るという大変すばらな機能がありますが、私の場合その仕様をきちんと理解していなかったせいで思わぬ失敗をやらかしてしまいました。

と言うのはAdSenseの自動広告コードに関する事なんですが、このCocoonの仕様は全くの初心者よりむしろある程度AdSenseの設置に慣れている人の方が引っかかるんじゃないかな?と思うところもあるので、当エントリーではその辺りについて書いてみたいと思います。

自動広告コードはCocoonの機能で自動挿入される

この事に気付いたのは、これまでの経験から当然そうするものだという認識で、Cocoonのhead-insert.phpに自分でAdSenseの自動広告コードを貼り付けた事が発端でした。間違いなくコードを貼り付けたはずなのになぜか広告がうまく表示されなくて、その原因を調べようとHTMLソースを確認してみたら…なんという事でしょう、自動広告コードが二重に挿入されているじゃないすか!やだー!

片方は間違いなく私が貼り付けたものでしたが、もう一方はAdSenseのサイト運営者IDが空なんですけど?ここでビビっと来ました。あぁ、これたぶんアレだ、Cocoon設定に貼り付けたレスポンシブ広告ユニットのコードから拾って自動的に入れる仕組みだわ…みたいな。私は自動広告だけにお任せした場合の確認がしたかったので、レスポンシブ広告ユニットにコードを設定してなかったんですねーこれが。

自動広告コードについて

AdSenseを利用している方には当然お馴染みのこのコード。

AdSense自動広告ユニットのコード
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
          google_ad_client: "ca-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx",
          enable_page_level_ads: true
     });
</script>

head内に設置するコードで以下のように表現される事もありますが

  • 審査用コード
  • ページ単位の広告
  • 自動広告用コード

実はこれ全て同じものを指していて、先ほど貼り付けたコードがまさにそれです。

LuxritasやCocoon・Simplicityのようにhead内に挿入してくれるテンプレートのあるテーマならそこに、そんなものは無い普通のテーマなら自分でheader.phpにコピペするか、プラグインを利用したりして設置しなければならないものだったりします。

それを自動的にやってくれるわけですから確かに親切と言えますが、これまでにこのコードを自動挿入してくれるテーマというのは聞いた事も無かっただけに、いつものように自分でやっちゃってそれが裏目に出たというわけですね?

アドセンス表示方式の設定

Cocoon設定 広告 アドセンス表示方式

先述したようにAdSenseの自動広告コードはCocoonが自動的に挿入してくれる…と言いたいところですが、これには条件があってアドセンス表示方式を以下の設定にしている時だけそうなるようです。

  • アドセンス自動広告のみ利用
  • 自動広告とマニュアル広告を併用

そうするとマニュアル広告設定(自前で位置を設定)かつ自動広告も利用したい場合は、head-insert.phpに自分で自動広告コードを設置しなければならない、という事になりますが…落ち着いて考えてみるとそれって自動広告とマニュアル広告を併用と変わらないですよね?

この事からCocoonではAdSenseの自動広告コードを自分で設置する必要は無いと思われます。それではここまでの内容を考慮してアドセンスの表示方式を選んでみましょう。

アドセンス自動広告のみ利用

広告表示に関して完全にAdSenseの自動広告に丸投げします。マニュアルで設定とか面倒だし、何でもいいからとりあえず表示しといてくれればいいやーという豪快な方向けの設定ですが、私としては最もオススメ出来ません。

自動広告とマニュアル広告を併用

基本的にはマニュアルで設定して、どこかまだ良さげな場所があったら表示しといてくれたらいいなー的な感じで最も実用的に思えます。自動広告の精度が高ければ恐らくこれがベストな選択かと思いますが、現状ではほぼ余計な事しかしてくれないので今後に期待したいところです…

マニュアル広告設定(自前で位置を設定)

これ以外を選択するとCocoonの機能で必ず自動広告コードが挿入されてしまうので、自動広告を利用したくない場合はこれ一択になります。マニュアルと言うと何だか面倒くさそうに思えますが、CocoonほどAdSenseの広告表示に関する設定が簡単なテーマはなかなかありませんよ?

ただし、どの場所に表示した広告がクリックされたかというのは、同じ広告コードを使い回しているので判断出来ません。そこまできっちり把握したい場合はウィジェットを利用して個別に広告を設置するしか無いでしょう。

レスポンシブ広告ユニットのコードについて

自動広告の利用有無にかかわらずCocoonの機能を利用して広告を表示する場合は、レスポンシブ広告ユニットのコードが必須になります。Cocoon設定の広告タブを開いて、アドセンス設定の広告コードに既存か新規に作成したレスポンシブ広告ユニットのコードをコピペしましょう。

AdSenseレスポンシブ広告ユニットのコード
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 広告名 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-client="ca-pub-xxxxxxxxxxxxxxxx"
     data-ad-slot="xxxxxxxxxx"
     data-ad-format="auto"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>
ハイライト行のscriptと広告名のコメント部分はコピペしなくてOKです。

Cocoonの広告機能はかなり便利です

確かにこのCocoonの広告機能を使うとAdSenseの設定が本当に楽です。もうどこの広告がどれだけ押されたとか細かい話はどうでもいいから全部これでやっちゃいたいと思うくらい楽です。欲を言えばインフィード広告も選択出来るといいなと思いますが、これはレイアウトに関する項目があるから単純には出来ないんでしょうかね?

自動広告の設定はAdSenseの管理画面から

自動広告でどの広告ユニットを表示させるかという設定ですが、さすがにこればかりはCocoonではどうにも出来ないので、GoogleアカウントにログインしてAdSenseの管理画面から設定しましょう。

AdSense 自動広告の全般設定

AdSenseの広告設定についてはあらためて別の機会に書いてみたいと思います。

自動広告の精度向上に期待

ぶっちゃけ現時点の自動広告はちょっとヒドイですねぇ…少なくとも今はまだとてもじゃないですがお任せ出来ないレベルだと思います。なので、基本的な部分はマニュアルで設定して、足りない部分をフォローしてもらう程度にしておいた方がよさそうな感じです。

と言ってもメインカラムの上下やサイドバーの隙間に無理やりネジ込まれるのがオチなんですけどね…出来れば利用したい機能ではあるので、自動広告の精度向上に期待したいものです。お願いしますね?Googleさん?