[フリーソフト] 無料メールソフトのeM Clientがいい感じ

フリーソフトeM Client

無料メールソフト eM Client トップイメージ

Outlook Expressから乗り換えてどのくらい経つのか思い出せないくらい長い間Thunderbirdを愛用していますが、数年前に事実上は開発終了している事や最近Gmailの受信で色々とややこしい事になってたりするのでここらが変え時かなと思い始めました。

そこで新しいメールソフトを物色していたところ、実に良さげなeM Clientというメールソフトの事を知ったので早速試してみる事にしました。

eM Clientのダウンロード

ダウンロードはこちらの公式サイトからどうぞ。

プラットフォームはWindowsとMacに対応しています。

FREE版とPRO版があります。

eM Clientは基本的に無料で利用する事が出来ますが、最初に30日の使用期限があり無料で利用を続ける場合でもFREE版のライセンス取得が必要になります。

eM Client は、30日間全ての機能を無料でご試用いただけます。

30日間の試用期間終了後、FREE版の使用(企業内利用等の商用利用不可)
またはPRO版へのアップグレードのどちらかをご選択ください。

無料で利用を続ける場合にも登録が必要なところが悩ましいですが、とりあえず30日間はそれも不要なのでまずは試してみる事にしました。

eM Clientのインストール

ダウンロードしたzipファイルを展開して、フォルダの中にある「はじめにお読みください.txt」に従ってインストールします。

インストールに関して特に難しい事は無いのでスクリーンショットつきの手順とかは不要ですよね?とも思いましたが、一応貼っておく事にします。

インストーラを起動して同意する > インストール > 完了をクリックするだけなので、特にこれと言って迷うところは無いでしょう。

後からでも変更は出来ますが、以下の画像で必要無いと思った項目はチェックを外してから完了をクリックした方がよろしいかと思います。

無料メールソフト eM Client インストール完了

eM Clientを起動してみる

アカウントの設定などは全てスキップした状態でeM Clientを起動してみました。Thunderbirdはさすがにちょっと古さを感じるようになっていましたが、eM Clientは新しいソフトだけあってユーザーインターフェースが洗練されているように感じます。

無料メールソフト eM Client 起動画面

最近のアプリによくあるテーマも3種類から選択可能です。

無料メールソフト eM Client テーマの選択

無料ライセンスの制限について

無料ライセンスには以下の制限があります。

  • テクニカルサポートを受けることが出来ません
  • 送受信できるメールアカウントは2つまで
  • 商用利用は出来ません

参考PRO/FREE 機能比較 | Windows/Mac 向け 高機能メールソフト | eM Client

私としてはアカウントが2つまでという以外は全く問題が無いように思いますが、eM Clientが気に入れば現在Thunderbirdで利用しているアカウントを全て移行したいので、その場合はPro版のライセンスを購入する必要がありそうです。

対応サービス

eM Clientはただのメーラーとしてだけでなくカレンダーやタスク管理などの機能もあるので、そういった機能に対応しているサービスとの連携が可能です。

  • Gmail
  • iCloud
  • Office 365
  • Outlook.com
  • Microsoft Exchange
  • Apple OS X Server

参考機能概要 | Windows/Mac 向け 高機能メールソフト | eM Client

他社製品との比較表もあるのでそちらも参考にしてみて下さい。

参考他社製品との比較 | Windows/Mac 向け 高機能メールソフト | eM Client

スマートフォルダって何?

なかなかありそうで無かったりする機能ですが、登録している全てのアカウントとローカルフォルダのメッセージをまとめてリスト表示する事が出来ます。

どのアカウントに対して送られてきたものかが重要な場合は混乱の元になりそうですが、そうでない場合はなかなか便利な機能だと思います。

しばらくは無料ライセンスで

まだ無料期間中なのでライセンス登録はしていませんが、とりあえず30日間はじっくり様子を見たいと思います。

尚、当エントリーではダウンロードからインストールまでと起動後の簡単な説明しかしていませんが、もう少し使い込んだところでアカウントの設定やインポート、おすすめの設定などについて書く予定です。