[Google Search Console] ドメインプロパティを追加する方法

Google Search Console ドメインプロパティ

新しいGoogle Search Consoleにドメインプロパティというものが追加されましたが、後でチェックしようと思ってそのまま忘れていました…まぁ人は忘れる生き物ですからね?

そんなわけで遅ればせながら当サイトのドメインプロパティも追加してみたので、当エントリーではその作業手順について書いてみたいと思います。

ドメインプロパティとは

これまでのサーチコンソールではwwwの有無やhttpとhttpsの違いでURLの異なる同一サイトを一括りにしたい場合、全てプロパティ登録して正規化する必要がありましたが、このドメインプロパティによってその手間が無くなるという事のようです。

ドメインプロパティではサブドメインやサブディレクトリも含めて管理出来るようになるので、当サイトのURLを例にすると以下のようなURLのプロパティが全てまるっと一元管理出来るようになります。

http://unlimitedchaos.net
https://unlimitedchaos.net
http://www.unlimitedchaos.net
https://www.unlimitedchaos.net
https://unlimitedchaos.net/xxxxxx/
https://xxxxxx.unlimitedchaos.net

特定のサブドメインだけ対象から除外するといった事は出来ませんが、そのサブドメインをURLプレフィックス(これまで普通に使っていたプロパティ)で登録して個別に管理する事は可能です。

ドメインプロパティの追加手順

ドメインプロパティの追加にはGoogle Search Consoleでのプロパティ登録・ドメイン所有権確認と、利用しているレンタルサーバーでのDNSレコード追加が必要です。

DNSレコードの追加方法に関して
mixhost(cPanel)での作業方法については当サイトで用意したエントリーがありますが、他のサーバーに関しては詳細な説明がありませんのでその点だけあらかじめご了承下さい。

Google Search Consoleでの作業

まずGoogle Search Consoleにログインして画面右上にある新しいSearch Consoleを使用するをクリックして新Search Consoleの画面を開きます。

Google Search Console 新しいサーチコンソールを使用する

画面左上のGoogle Search Consoleロゴの下にあるプロパティのプルダウンメニューを開いて、一番下の+プロパティを追加をクリックします。

Google Search Console プロパティを追加

プロパティタイプの選択では追加したいドメイン名を入力、またはコピペして続行をクリックします。

Google Search Console プロパティタイプの選択

DNSレコードでのドメイン所有権の確認という事で、②の部分に表示されているTXTレコードの内容をコピーをクリックして取得します。

Google Search Console TXTレコードの内容をコピー

画面下に「TXTレコードをクリップボードにコピーしました」と表示されていればOKです。

ここで一旦画面をそのままにしてGoogle Search Consoleでの作業は中断します。続きはコピーしたTXTレコードをサーバーに追加してからになります。

レンタルサーバーでの作業

次にレンタルサーバーでのDNSレコード追加になりますが、サーバーによって作業手順が変わってきますので勝手ながら詳細な説明は省略させていただきます。

mixhost(またはcPanelを採用しているサーバー)を利用している場合は、今回の作業を例として書いたエントリーがありますのでそちらを参照していただけると幸いです。

エックスサーバーを利用している方は公式のヘルプページが参考になります。

再びGoogle Search Consoleでの作業

ここからはDNSレコードの追加が成功したものとして話を進めます。

先ほど開いたままにしておいたGoogle Search Consoleの画面に戻って確認をクリックします。

Google Search Console ドメイン所有権の確認

はやっ!DNSレコードを追加してからまだ1~2分ほどしか経ってないと思いますが、ダメ元で試してみたところドメイン所有権の確認が無事終了しました。早速追加したドメインプロパティに移動してみましょう。

Google Search Console ドメイン所有権の確認に成功

残念ながらこちらの画面が表示された場合はもう1~2分待ってみるか、コーヒーでも飲んで休憩してくると戻ってきた頃にはいい感じになってるかもしれません。

Google Search Console ドメイン所有権の確認待ち

何時間待ってもこの画面から一向に進展しない場合は、先ほどのドメイン所有権の確認画面にもあるように1日待ってから確認してみて下さい。それでも確認出来ない場合はDNSレコードの追加作業からやり直す必要がありそうです。

どのタイミングかは忘れましたが、ドメインプロパティの追加に成功するとこのような画面が表示されます。おま環かもしれませんがなぜそこで改行するのかと…やだすっごく気になる。

Google Search Console ようこそドメインプロパティへ画面

unlimitedchaos.netのドメインプロパティが追加されました、なんだかちょっと嬉しい。

Google Search Console ドメインプロパティの追加を確認

とりあえず私はドメインを4つ持っているので全てドメインプロパティを追加してみました。同じ作業を繰り返し行う事でDNSレコードの追加手順もバッチリ覚えられて一石二鳥です。

尚、注意点として追加したDNSレコードはドメイン所有権の確認が済んでも削除しないでそのままにしておくようにとの事です。

重要: 確認状態が維持されるよう、確認が完了しても DNS レコードを削除しないようにしてください。

ドメイン毎の管理がしやすくなりました

ドメイン所有権の確認方法がDNSレコードのみという事で少々難易度が高いように感じましたが、何より正規化の手間が無くなったのは確かにありがたいです。

私としても初めてDNSレコードの追加に挑戦するいい機会でしたし、現時点では何事もなく当サイトにアクセス出来るので、とりあえず無事に作業を終了出来てひと安心といったところです。


[mixhost] 日本初のHTTP/2&QUICに完全対応!

mixhostmixhost
  • HTTP/2&QUIC完全対応
  • 高速WEBサーバーLiteSpeed
  • ディスクはRAID構成のピュアSSD
  • コントロールパネルはcPanelを採用
  • MySQLを無制限に利用可能
  • COMODO社の無料独自SSL証明書
  • 全プラン初期費用無料
  • 過去30日間のバックアップを無料で復元可能

私がサーバーを選ぶ際に重要視するポイントをほぼ兼ね備えているのが このmixhostです。安定性に関しては老舗のエックスサーバーに一歩譲るかな?といったところですが、常に最先端の技術を積極的に取り入れるその意気やよし!という事で mixhostは私のイチ推しサーバーです。

mixhost公式サイトで詳細を見る