cPanelのファイルマネージャーでWordPressの親テーマから子テーマへファイルをコピーする方法

WordPressのテーマをカスタマイズする場合は子テーマを使うのが一般的かと思われますが、子テーマには最低限のファイルしか含まれていないので、カスタマイズの内容によっては親テーマからファイルをコピーする必要があります。

そこで当エントリーではcPanelのファイルマネージャーの使用例として、親テーマから子テーマへファイルをコピーする方法を紹介したいと思います。

WordPress親テーマからファイルをコピーする方法

方法はいくつかあって、どれが正解というわけでも無いですが

  • サーバーにアップロード済みの親テーマからコピー
  • 親テーマのアーカイブファイルから必要なファイルのみ抽出してアップロード
  • 子テーマに前もって必要なファイルをコピってからインストール

てなところでしょうか。

とりあえずここではcPanelのファイルマネージャーを利用して、サーバーにアップロード済みの親テーマからコピーする方向で話を進めていきます。

ファイルマネージャーの起動

その前に、cPanelのファイルマネージャーを使うのが初めてという方は、こちらのエントリーにあるファイルマネージャーの設定をしておくとよろしいかもしれませんよ?

ファイルマネージャーはmixhostのマイページからのショートカットか

mixhost マイページ ショートカット ファイルマネージャー

cPanelのファイル > ファイルマネージャーから起動出来ます。

cPanel ファイル ファイルマネージャー

ファイルマネージャーを起動したら、まずはファイルのコピー元となる親テーマのディレクトリを開きます。画面左側にあるツリー表示のディレクトリ名をクリックしていくか、画面右側のディレクトリ名をダブルクリックしながら目的のテーマファイルを探しましょう。

一般的な設定では以下の場所にテーマファイルがあります。

public_html/@domain/@WP/wp-content/themes/
@domain
アドオンドメインで設定したドキュメントルート
@WP
WordPressをインストールしたディレクトリ

親テーマから子テーマへファイルをコピー

コピーしたいファイルを選択してツールバーから コピーをクリックするか、ファイル名の上(水色っぽい行の上ならどこでも)で右クリック > Copyを選択します。

cPanel ファイルマネージャー Copy コピー

ダイアログが表示されてコピー先のディレクトリを聞いてくるので、親テーマのディレクトリ名の部分を子テーマのディレクトリ名に修正して

変更前
/public_html/@WP/wp-content/themes/親テーマのディレクトリ名
変更後
/public_html/@WP/wp-content/themes/子テーマのディレクトリ名

Copy File(s)をクリックで実行します。

cPanel ファイルマネージャー コピー先のディレクトリ

この時にコピーが成功したとも失敗したとも言ってくれないので少し不安になりますが、指定したディレクトリ名が正しければちゃんとコピーされてますのでご安心を。

あとはファイルマネージャーから子テーマのディレクトリを開いて直接編集するなり、WordPressのダッシュボードから編集するなりお好きなようにという事で。

ちょっとした修正なら直接でも構わないと思いますが、変更箇所が多い場合はテキストエディタなどで編集してからコピペする方が安全ではあります。

子テーマのディレクトリ名について

ほとんどの場合、子テーマのディレクトリ名は親テーマのディレクトリ名に-childを付加した形になっていますが、私の知っている範囲でこの命名規則に当てはまらない例として

Luxeritas
親テーマ:luxeritas、子テーマ:luxech
Sentry
親テーマ:sentry-void-master、子テーマ:sentry-master

このようなテーマもあります。

とりあえず「子テーマのディレクトリ名って何だったっけ?」と迷った時は、一つ上の階層に戻ってthemesというディレクトリを確認すると何となく親子関係がわかるんじゃないかと思います、たぶん。

同一ディレクトリ内でのファイルコピー

例えば、ファイルを編集する前にバックアップ用のコピーを残しておきたい場合とか普通にありますよね。ところが、ファイルマネージャーでダイアログを一切変更せずそのままコピーを実行した場合、PCのファイラーのように「~のコピー」みたいな名前でファイルを作ってくれるかと言うと、そのような機能は無いのでしっかりエラーになります。

cPanel ファイルマネージャー コピー失敗

そこでダイアログのコピー先を

変更前
/public_html/@WP/wp-content/themes/親テーマのディレクトリ名
変更後
/public_html/@WP/wp-content/themes/親テーマのディレクトリ名/コピーするファイル名.拡張子

このようにしてから実行すると、入力したファイル名でコピーを作成してくれます。

cPanel ファイルマネージャー 同一ディレクトリ内コピー 新しいファイル名

ディレクトリ単位のコピー

ついでなのでディレクトリ単位のコピーについても例を紹介しておきます。

手順は先ほどのファイルコピーとほぼ同様ですが、コピーしたいディレクトリを選択してコピーをクリックした後、ダイアログのコピー先を

変更前
/public_html/@WP/wp-content/themes
変更後
/public_html/@WP/wp-content/themes/コピー後のディレクトリ名

このようにしてから実行すると、入力したディレクトリ名でコピーを作成してくれます。

cPanel ファイルマネージャー ディレクトリ単位のコピー

cPanelが利用出来るレンタルサーバー

それではcPanelを採用しているレンタルサーバーをいくつか紹介したいと思います。

mixhost

当エントリーはこのmixhostで実際に作業した内容が元になっています。

スポンサーリンク
mixhost
当サイトも絶賛利用中の高速サーバーmixhostです。パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

JETBOY

cPanelをベースに独自のカスタマイズを加えたインターフェースで全く同じでは無いようですが、むしろこちらの方が使いやすいという話も。

スポンサーリンク

Quicca

サーバーのスペック的にはmixhostやJETBOYと同列では語れませんが、とにかく安いサーバーを探している方は比較検討の対象にしてもよさそうではないかと思います。

スポンサーリンク
Quicca
月額90円からのお得なサーバーQuiccaです。月額90円からの高機能レンサバ「クイッカ」

cPanelファイルマネージャー コピー編でした

親テーマが更新された時の事を考えると、出来る限りカスタマイズは子テーマ内だけで完結させた方が良いとは思いますが、どうしてもやらざるを得ない場合もあるんですよね。

そこで親テーマからファイルをコピってこなければならなくなった時に、当エントリーがお役に立てば幸いです。

また、こちらのエントリーではWordPressのテーマ更新を例として、ファイルマネージャーのアップロード・展開(抽出・解凍とか言う場合も)・削除の方法など紹介していますので、よろしければご参考までに。


[mixhost] 日本初のHTTP/2&QUICに完全対応!

mixhostmixhost
  • HTTP/2&QUIC完全対応
  • 高速WEBサーバーLiteSpeed
  • ディスクはRAID構成のピュアSSD
  • コントロールパネルはcPanelを採用
  • MySQLを無制限に利用可能
  • COMODO社の無料独自SSL証明書
  • 全プラン初期費用無料
  • 過去30日間のバックアップを無料で復元可能

私がサーバーを選ぶ際に重要視するポイントをほぼ兼ね備えているのが このmixhostです。安定性に関しては老舗のエックスサーバーに一歩譲るかな?といったところですが、常に最先端の技術を積極的に取り入れるその意気やよし!という事で mixhostは私のイチ推しサーバーです。

mixhost公式サイトで詳細を見る