mixhostと契約したら最初にcPanelから設定しておくといいかもしれない事とか

cPanel トップ画面

mixhostと契約してすぐにサイトの作成に入れるような熟練者はともかく、「勢いでサーバーを借りてはみたものの何をどうしたらいいのかしら…」という方は、ひとまずmixhostのアカウント全体に関する設定をしておくと良いのではないかと思います。

mixhostのアカウント全体に関する設定

それでは、mixhostのアカウント作成後すぐにでもやっておいていいだろうと思う事を、mixhostヘルプセンターのマニュアルからいくつかピックアップしてみました。

スポンサーリンク
mixhost
当サイトも絶賛利用中の高速サーバーmixhostです。パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

ルートディレクトリのインデックスを非表示に

デフォルトの設定では初期ドメイン(アカウント名.mixh.jp)にアクセスすると、ドキュメントルートの中身が丸見えの状態になっています。契約したばかりの時はほとんど何も無い状態なので特にどうって事は無いですが、色々とインストールしている内にこんな感じになります。

mixhost 初期ドメインのディレクトリが丸見えな件

ドキュメントルートにindex.phpやindex.htmlといったファイルがあればこのような事にはなりませんが、有料のサーバーをレンタルして初期ドメインをそのまま利用する方はまずいないと思うので、この事に気付かないまま放置してしまう可能性が無きにしも非ず…さすがにこの状態ではマズい気もするので、インデックスを見えないようにしておいた方がいいでしょうね?

参考ファイルの一覧(Index of)を非表示にする方法

cPanelからSite Publisherを利用して工事中的なページを作成しておくという方法もありますが、そこまでするほどの事も無いでしょう。

Webサイトの最適化

mixhostではありませんが、他のレンタルサーバーにあったcPanelのマニュアルによると

この機能(mod_deflate)を使うことにより、コンテンツを圧縮して、転送量を減らすことで高速表示を可能にします。

という事なので、当サイトでもすべてのコンテンツを圧縮して運用しています。それではまずcPanelのソフトウェア > ウェブサイトの最適化を開きます。

cPanel ウェブサイトの最適化を開く

「すべてのコンテンツを圧縮」を選択して設定の更新をクリック。

cPanel ウェブサイトの最適化

拍子抜けするくらいあっさりしてますが、これだけでOKです。

当サイトの場合、Luxeritasの高速化に関する設定で.htaccessにコピペした内容と一部被りますが、被ったからと言って特に問題は無いと思っています…たぶん。

ファイルマネージャーの設定

デフォルトの設定では.htaccessや.maintenanceのように’.’から始まるファイルがファイルマネージャーに表示されません。そこで設定を変更してやる必要があります。

参考ファイルマネージャーで非表示ファイル(.htaccessなど)を表示する方法

必要に応じてで構いませんが、以下の項目も同じ画面から設定出来るので併せて確認しておくとよろしいかと思います。

ファイルマネージャーでもFTPでもそうですが、基本的にpublic_html以外のディレクトリを参照する事はまず無いように思います。そこでファイルマネージャーを開いた時にデフォルトで開くディレクトリをドキュメントルートに設定しておくと使い勝手がよくなります。

cPanel ファイルマネージャーのデフォルトディレクトリをドキュメントルートに設定

その場合は「今後開くときは、既定で常にこのディレクトリを開きます」のラジオボタンを「Webルート(public_html or www)」にするか、対象のドメインをプルダウンメニューから選択して「次の項目のドキュメントルート」のどちらかをオンにします。

PHPのバージョン変更

利用しているWordPressのプラグインなどによって不具合が出る可能性もありますが、PHPのバージョンは出来るだけ最新にしておいた方が良いです。

尚、このPHPのバージョン変更に関しては、jp16以前のサーバーはアカウント全体での設定となっていましたが、jp17以降のサーバーではドメイン単位の設定が可能になっています。

参考PHPのバージョン変更

PHPのアップロードサイズの変更

これは問題があった時に変更すればいいような気もしますが、PHPのバージョン変更のついでに設定しておいてもいいでしょう。ちなみにデフォルトでは2MBを超えるファイルはアップロード出来ない設定になっています。

これはWordPressなどのCMSでダッシュボードからテーマやプラグインをインストールする場合の話で、ファイルマネージャーを利用してのアップロードは関係ありません。

参考PHPのアップロードサイズの変更

WordPressの場合はよほどの事が無い限り2MBを超える事は無いと思いますが、テーマやプラグインのインストール時にファイルが大きすぎて~みたいなエラーが出た時にでも思い出してやって下さい。

mixhostのマニュアルを活用しよう

mixhostヘルプセンターのマニュアルは非常に親切でわかりやすいですが、項目数が多いのでいきなり全部に目を通せと言われても困るんじゃないかな?という事で、当エントリーではその中からいくつかの項目をピックアップして紹介させていただきました。

参考初めてのご利用ガイド

それでも基本的な事はほとんどこちらのマニュアルに書いてあるので、ある程度サーバーの運用に慣れてきたら一度はしっかりと目を通しておく事をオススメします。


[mixhost] 日本初のHTTP/2&QUICに完全対応!

mixhostmixhost
  • HTTP/2&QUIC完全対応
  • 高速WEBサーバーLiteSpeed
  • ディスクはRAID構成のピュアSSD
  • コントロールパネルはcPanelを採用
  • MySQLを無制限に利用可能
  • COMODO社の無料独自SSL証明書
  • 全プラン初期費用無料
  • 業界最長の無料お試し期間30日
  • 過去30日間のバックアップを無料で復元可能

私がサーバーを選ぶ際に重要視するポイントをほぼ兼ね備えているのが このmixhostです。安定性に関しては老舗のエックスサーバーに一歩譲るかな?といったところですが、常に最先端の技術を積極的に取り入れるその意気やよし!という事で mixhostは私のイチ推しサーバーです。

mixhost公式サイトで詳細を見る

スポンサーリンク