mixhostのcPanelからMySQLデータベースを新規作成してみよう!

レンタルサーバーでCMSを運用するにはMySQLというデータベースが必要になる事が多いですが、最近では管理画面からWordPressのようなCMSを簡単な手順でインストール出来るサーバーが増えてきたので、データベースの存在を全く意識しなくても何とかなってしまう場合がほとんどです。

しかし、簡単インストールに対応していないCMSを利用したい場合は自分でデータベースを作成するところから始めなければなりません。そんな時の為に当エントリーではmixhostのcPanelからMySQLデータベースを新規に作成する方法について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

MySQLデータベースウィザードで簡単作成

MySQLデータベースの新規追加や変更などの管理は、マイページからのショートカットかcPanelのデータベース > MySQLデータベースから行なえますが、当エントリーではMySQLデータベースウィザードを利用して作成する事にします。

cPanel MySQLデータベースウィザード メニュー

このMySQLデータベースウィザードを利用して行う作業は

  • 新しいデータベースの作成
  • 新しいユーザーの追加
  • ユーザーをデータベースに追加

の3つのステップによって構成されます。

作業の内容的にはMySQLデータベースの画面から個別に実行出来る3つの作業を単に繋げてやっているだけですが、何れもデータベースの作成にあたって必要な作業なので、それぞれ単独でやるよりもウィザードを使って一気に関連付けてやってしまう方が確実です。

新しいデータベースの作成

自分の運営するサイトの中で命名規則を作成し、そのルールに従って管理するのが理想的ではありますが、自分が見て何のデータベースか判別出来るような名前なら何でもOKでしょう。

cPanel MySQLデータベースウィザード 手順1 データベース作成

ちなみに私の場合は「利用するCMSなどの短縮名+’_’(アンダースコア)+サイトの頭文字や短縮名」という感じで設定しています。

入力が済んだら次の手順をクリックします。

文字コードの設定について

データベースの作成時には文字コードを設定するのが一般的かと思いますが、ここではその項目自体が見当たりません。おかしいなぁ…と思いつつ、実際に当エントリーに書いた手順で作成して利用中のデータベースをphpMyAdminで確認してみましたが、一応文字コードはUTF-8になってるっぽいです。

作成したデータベースをphpMyAdminで確認

それでも何だかもやもやするのでどこかにバシっと書いてないかな?と思ったら、しっかりmixhostヘルプセンターのマニュアルにあるじゃないですか。もー、あるならあるって早く言って下さいYO!(言いがかり)

ありがとうございます、これでスッキリしました…スッキリしたところでCM入ります。

スポンサーリンク
mixhost
当サイトも絶賛利用中の高速サーバーmixhostです。パワフルで高速なピュアSSDクラウドレンタルサーバー

だからmixhostさん、バナーがまだ直ってないってば…月額は880円~になってるけど、ディスク容量は10GBじゃないでしょおぉ…

新しいユーザーの追加

本当はセキュリティ的な事まで考えた場合、ユーザー名とデータベース名が同じというのは問題ありなのかもしれませんが、WordPressを自動インストールした時も普通にそうなってるのでまぁ同じでいいか…という感じです。

cPanel MySQLデータベースウィザード 手順2 ユーザー作成

パスワードに関しては出来るだけ最強に強めた方がいいでしょう。アルファベット・記号・数字を全て含めて、それなりの長さにすると結構簡単に強度を100にする事が出来ます。

入力が済んだらユーザーの作成をクリックします。

ユーザーをデータベースに追加

個別に設定する場合はユーザーとデータベースをそれぞれプルダウンメニューから選択する形になりますが、ウィザードだとここまでの流れで作成したユーザーとデータベースが自動的にセットされるのでその分だけ楽です。

なので、ここで設定するのはユーザーに与える権限だけですが、CMSのインストール用に自分で使用する場合などは「すべての権限」にチェックで良いように思います。

cPanel MySQLデータベースウィザード 手順3 ユーザーをデータベースに追加

入力が済んだら次の手順をクリックします。

CMSのインストールなどに利用するユーザーでは無く、自分以外の誰かに使用させるユーザーの場合はこの限りではありません。どこまで権限を与えていいか慎重に考えて設定した方がいいでしょう…というかするべきかと。

MySQLデータベースが作成出来ました

以上でMySQLデータベースウィザードは終了です。

cPanel MySQLデータベースウィザード データベース作成完了

mixhostのデータベースはMariaDBです

今更こんな事を言うのも何ですが、先ほどリンクを貼ったmixhostヘルプセンターのマニュアルにもこう記載してあるように

mixhostでは、MySQLと互換性を持った新時代のスタンダードデータベースであるMariaDBを採用しています。

mixhostで使用しているデータベースはMySQLから派生したMariaDBです。

だからどうだというわけではありませんが、一応自分の利用しているサーバーの事なので頭の隅っこくらいには置いといてよろしい話かと思います。

CMSインストール時に入力する為の項目

MySQLデータベースの作成時に設定したデータベース名・ユーザー名・パスワードの3つの項目をメモ帳なりテキストエディタなりにコピペして、いつでも参照出来るよう保存しておきましょう。

データベース名
cPanelのID(英字8桁)_設定したデータベース名
ユーザー名
cPanelのID(英字8桁)_設定したユーザー名
パスワード
設定したパスワード

簡単インストール非対応のCMSもこれで大丈夫

最近のCMSには大抵インストーラが付属しているので、CMSに必要なファイルをアップロードした後は指定されたファイルを開いて必要な項目を埋めていくだけという、ほぼ簡単インストールと変わらない機能を持ったものも少なくありません。

もし、そういったCMSのインストールにチャレンジしてみよう!という時に当エントリーがお役に立てば幸いです。


[mixhost] 日本初のHTTP/2&QUICに完全対応!

mixhostmixhost
  • HTTP/2&QUIC完全対応
  • 高速WEBサーバーLiteSpeed
  • ディスクはRAID構成のピュアSSD
  • コントロールパネルはcPanelを採用
  • MySQLを無制限に利用可能
  • COMODO社の無料独自SSL証明書
  • 全プラン初期費用無料
  • 業界最長の無料お試し期間30日
  • 過去30日間のバックアップを無料で復元可能

私がサーバーを選ぶ際に重要視するポイントをほぼ兼ね備えているのが このmixhostです。安定性に関しては老舗のエックスサーバーに一歩譲るかな?といったところですが、常に最先端の技術を積極的に取り入れるその意気やよし!という事で mixhostは私のイチ推しサーバーです。

mixhost公式サイトで詳細を見る

スポンサーリンク