WordPressテーマのインストール方法について

WordPress公式 テーマディレクトリ イメージ

WordPressを運用する上でテーマは必須とも言うべき存在ですが、ただのデザイン的な要素だけで無くむしろユーザーにとってはそちらが本体と言っても過言では無いくらい重要なものと言えるのではないでしょうか。

そこで当エントリーではそのWordPressテーマのインストール方法について書いてみたいと思います。

WordPressテーマのインストール方法

WordPressテーマのインストール方法は大きく分けると、ダッシュボードからのインストールとFTP・ファイルマネージャーを利用した2つの方法があります。

ダッシュボードからインストール

ダッシュボードからのインストールにはWordPressの公式ディレクトリから直接インストールする場合と、PCからテーマファイルをアップロードする場合があります。

まずはダッシュボードから外観をクリック。

WordPress 外観 テーマ画面へ

次に新規追加または新しいテーマを追加をクリックします。

WordPress 新しいテーマを追加

WordPress公式ディレクトリからのインストール

まずはWordPress公式ディレクトリからのインストール手順です。

特にインストールしたいテーマが決まっていない場合は、注目・人気・最新のタブを開いてひと通り探してみるのも良いでしょう。インストールしたいテーマが既に決まっているか、特定のキーワードで検索した中から選びたい場合はテーマを検索にテーマ名を入力またはコピペすると該当するテーマの一覧が表示されます。

WordPress テーマ追加画面 テーマを検索

テーマの特徴で絞り込みたい場合は 特徴フィルターをクリックします。

WordPress テーマ追加画面 特徴フィルター

希望の条件にチェックを入れてフィルターを適用をクリックすると、設定した条件に該当するテーマだけが一覧表示されます。

WordPress テーマ追加画面 特徴フィルターを設定

絞り込みの条件を設定し直したい場合は絞り込みを編集をクリックすると、フィルターの設定画面に戻るので更に条件を追加するなり変更するなりして希望のテーマを探しましょう。

WordPress テーマ追加画面 絞り込みを編集

一覧に表示されたテーマのスクリーンショットにカーソルをホバーさせると、以下のようなボタンが表示されます。

WordPress テーマ追加画面 テーマ画像にカーソルをホバー

プレビューをクリックするとテーマのプレビュー画面を確認出来ますが、ここで表示されるプレビューはぶっちゃけほとんど参考にならないので、そのテーマの公式で用意されたデモサイトを確認した方がよろしいかと思います。

詳細はこちらのエントリーを参照して下さいませ。

その状態からインストールをクリックするとテーマがインストールされます。この状態から有効化する事も出来ますが、すぐに利用したい場合でもひとまずライブプレビューを確認してから有効化する事をオススメします。これから作成するサイトはともかくとして、既に運用中のサイトの場合は必ずそうしましょう。

WordPress テーマ追加画面 テーマのインストール完了

ライブプレビューしながら設定出来る部分は変更してもいいですし、これでOKだと思えば有効化して公開をクリックする事でテーマの有効化と保存を同時に行う事が出来ます。

WordPress テーマ追加画面 ライブプレビュー

気になるテーマをまとめてインストールしておいて、後から1つずつプレビューしながら有効化する事も可能です。その場合はダッシュボードの外観からテーマ画面を開いて設定しましょう。

ダッシュボード テーマ画面

テーマファイルをアップロードしてインストール

テーマファイルをアップロードしてインストールする場合は、テーマ追加画面の上の方に表示されているテーマのアップロードをクリックします。

WordPress テーマ追加画面 テーマのアップロード

参照をクリックしてダイアログからインストールするテーマファイルを選択するか、ファイルをドラッグ&ドロップする事も可能です…が、下の画面は一見どこでもウェルカム風に見えてむしろ赤い枠内ギリギリの狭い範囲でしか受け付けてもらえない罠仕様なので、何度か失敗したら潔く諦めて無難に参照から選択しましょう。

WordPress テーマ追加画面 アップロードするテーマファイルを選択

そもそもドラッグ&ドロップ出来るとはどこにも書かれてないので、とりあえず「やろうと思えば出来ない事も無い」くらいに思ってよろしいかと。

ファイルを選択したら今すぐインストールをクリックでインストールが開始されます。

WordPress テーマ追加画面 今すぐインストール

インストールが済んだ後は画面の指示に従い、ライブプレビューまたは有効化しましょう。

WordPress テーマ追加画面 インストール完了

ファイルマネージャー・FTPクライアントでインストール

利用しているサーバーによってファイルマネージャーの操作方法や、FTPアカウントの設定内容はかわってきます。何かわからない事があれば、こちらのエントリーに主なサーバーの公式マニュアルへのリンクを貼っておいたので参考にしていただけると幸いです。

ファイルマネージャーとFTPクライアントのどちらを利用する場合も、テーマファイルをアップロードするディレクトリは以下の場所になります。

インストールするドメインのドキュメントルート/wp-content/themes/

また、当然と言えば当然ですが、アップロードする為のテーマファイルは前もってPCにダウンロードしておく必要がありますので…念の為。

ファイルマネージャーを使ったインストール

アーカイブファイル(いわゆるzipファイルなど)が展開出来るcPanelのようなファイルマネージャーの場合、ダウンロードしてきたテーマファイルをそのままアップロードして、ファイルマネージャーで展開した後にアップロードしたファイルを削除、といった流れになるかと思います。

展開機能の無いファイルマネージャーを利用する場合は、FTPクライアントと同様にPCでテーマファイルを展開してからそれをフォルダごとアップロードします。

こちらのエントリーではcPanel(mixhost)のファイルマネージャーの使い方という事で、WordPressテーマの更新を例に説明していますので、参考になれば幸いです。

FTPクライアントを使ったインストール

FTPクライアントの場合は、ダウンロードしてきたテーマファイルをまずPCで展開しておいて、それからFTPクライアントで展開したフォルダごとアップロードするといった感じになります。

こちらのエントリーはFFFTPの使用例になりますが、基本的なアップロードやダウンロードの方法について説明していますので、よろしければご参考までにどうぞ。

テーマの設定について

ごく一般的なブログ形式のテーマではそこまでイメージとかけ離れている事は無いと思いますが、どのテーマも有効化直後にライブプレビューすると「やだ、なにこれ…」という状態の可能性はあります。特に見栄えの良いテーマほどカスタマイザーからの設定が必要になるので、それが済むまでは全く別物と言っていい外観になる事が少なくありません。

なのでプレビューした時点で即ダメ出ししないで、まずはカスタマイザーとウィジェットをひと通り確認してみましょう。いかにもそれっぽい項目が出て来るはずなので、それさえ順番に埋めてやればイメージに近いデザインになるはずです。

当サイトでテーマを紹介する際は、多少なりともデモサイトっぽいデザインになるような最低限の設定方法は併せて記載していく予定でいます。

インストールはお好きな方法で

まとめて複数のテーマをインストールする場合はファイルマネージャーやFTP経由でアップロードする方が効率が良い場合もありますが、それでもテーマファイルをダウンロードする手間はあるので、どっちもどっちといったところかもしれません、結局は自分のやりやすい方法でやるのがベストでしょう。

使用するテーマが決まったら、当サイト的にはカスタマイズの有無にかかわらず子テーマでの運用をオススメしますので、こちらのエントリーを参考に子テーマの用意を検討していただければと思います。